フランスの医療機関診療の仕組みとうまく適応するコツ!

Square

フランスで病気になった際、診察するまでの流れは日本とまったく違います。

勿論、フランスでも医療費や薬代が簡単に全額返ってきたり、総合病院での急患は無料で誰でも受け付けてくれるところはすごいいいことですが、普段の生活の中から診察の仕組みを見るとほんと不都合で、すごく時間がかかります。

仕組みを知らない人の為にここで一通り説明して、どう自分はうまく診察してほしい時に診察してもらえるようにしているかコツをお披露目します!

フランスの基本的な医療制度の仕組み

医者は基本的にGénéraliste(一般医)、Spécialiste(専門医)にわかれます。前者は日本でいる内科です。それ以外が後者です。

そこでまず最初に日本と違う点は、

通常が、一般医→専門医と言う流れになることです。

まずは一般医が診てそこで治るものはそこで治してできるだけ専門医は特別なケースのみに止めるという考えがあります。勿論、明らかに内科じゃない、っていうケースは直接専門医に行くことができます。(例、眼科等) ただ、皮膚科の場合は通常内科から始めます。一般医が肌を診て、薬を処方。それでも治らないケースとかは、一般医の人が紹介状を書いてくれます。(これが後々の保険による医療費の還付とかに影響が出てきますので手続きを守る必要があります。)

保険の適用、還付の内容については、別の記事で説明します。

また、フランスでは医者にかかる場合、あまり病院には行きません。

というのも、「病院」=「Hopital」は所謂、日本でいう総合病院のことで、個人で建物の一部を借りて単独でやっている医者がほとんどのフランスでは、「病院に行く」=「緊急な場合」か「かなり特殊な場合」でしかないので、aller à l’hopital「病院に行く」とは頻繁に聞きません。ほとんどが、「aller voir le docteur」=「医者に診てもらいに行く」ですね。

ですので、専門医は個人の診療室に行くケース(専門医だがみんながよく使う専門医。耳鼻科、助産婦、歯科医等。)と総合病院にある専門医に診てもらいに行くケース(産婦人科、歯科外科、急患受付等。)の二つがあります。なので、フランスの総合病院に一般医に会いに行くケースはありません。

予約の仕方

まず、ポイントは症状の緊急度によっていろいろやり方があるので参考にしてみて下さい。下記の通り、緊急度に分けて対応の仕方を説明してみます。

1.緊急度大&すぐに処置が必要な場合 → SAMUにすぐ電話

心臓発作等がこれに当たります。本当に緊急で、家族に急患に連れてきてもらうよりも救急車を待ってもらう方がいい場合は、救急車が来ます。できるだけ救急車の出動を避けようとするので、救急車が来る来ないの分かれ目は、正に「誰か手伝えるかと緊急度」です。そこで、2つ目が、

2.緊急ではないが、家族の助けがあれば動ける場合 → 家族の助けで急患へ

これは正に自分がぎっくり腰になった時です。骨折した場合も同じ流れになると思います。

緊急ではないが動けない場合。SAMUに電話しましたが、動けないが家族の助けがあれば何とか病院まで来れるだろうと判断されて、電話のオペレーターに来るまで総合病院に急患で行く様にと言われて行きました。フランスでは急患は全て無料という素晴らしい制度があるのですが、それを悪く利用している人もいる?のか、かなり待ち惚けくらいます。まして、ぎっくり腰なんで、生活に不自由も、動かなければまったく緊急度がないので何時間も待ちます。病院にもよりますが、救急で病院に行く場合は読み物もって行った方がいいですね(笑) 嫁なんて、全て終わるのに12時間くらいかかった時もあります。ホント病院次第。

3.よくある病気だが症状が体調が悪く動けない場合

→ 訪問医に電話

→ 訪問医いないなら、結局は家族の助けを得て動かざるを得ない。(総合病院に急患か、近くの一般医に電話してネゴ)

訪問医の連絡先はSAMUにもらうこともできますので、SAMUに気兼ねなく連絡して下さい。訪問医がいる場合は、自分の住所を伝えれば少し待ては駆けつけてくれます。

ただ、地方によっては訪問医がいない地域もあるので、その時はしんどくても救急車ではなく、家族の助けを得て急患で総合病院に、又は近くのお医者さんと電話で交渉して受け付けてもらうようにして実際にその場所に行かざるを得ないケースがほとんどす。

総合病院はすごく待たされますので、まずは近くのお医者さんと交渉して見て下さい。

4.動けるが症状が重く、すぐに診てもらいたい場合

→ 急患で総合病院か、一般のお医者さんとネゴ

→ 週末等で診察していない場合は、急患で総合病院か、週末の当直医に連絡するかの2択

すぐに診てもらいたい場合で普通に電話で空いている日付を聞いて予約したり、アプリ等で予約しようとするとすぐにアポを取れない場合はほとんどです。

取れる診察予約の日付がいつかによりますが、症状と相談して、場合によっては電話口で強く訴えましょう。普通に頼むと、「予約一杯で無理」としか言われないので、詳しい症状、なぜすぐに見てもらわないといけないのか強く訴えないとダメです。強く訴えると、たまに「じゃあ、今から30分後においで」とかいってくれます。子供の場合は症状がすぐに重くなる場合があるので、子供の場合はOKな場合が多いです。

本当に難しい場合は、病院に急患で行きなさい、とか言われます。ただ、前で説明したように急患はすごく待つので、お医者さんにじゃあ急患で行け、とさじを投げられた場合は、少し時間があるのであれば、予約一杯でもすこし時間を空けてくれるお医者さんを電話で当たって探してネゴした方がいいです。新患ダメ、っていうふざけたこという医者もいますが、緊急だってことで押しまくれば何とかなるときもありました。

週末、特に日曜日等の診察をしていない時は、ポイント3の通り、総合病院か当直医の2択になります。

5.病気になりそうなとき、病気に絶対なれないイベントがあるとき

正にフランスで長くいていろいろ経験してるからこそみんなが最終的に辿り着くずる賢いやりかたですが、自分もちょっと病気になるかもとか、旅行前には絶対に病気になりたくない時とか、すぐに治さないとヤバイイベント(仕事で展示会等あり休めない時)とかある場合は、その時病気でなくても、アプリとかで結構その時期、又はその時期の前の数日、1週間前とか(薬で症状がよくなる期間も考慮)に予約を入れます。

電話口で予約する場合は、何かと理由聞かれるので、自分は下記の二つのアプリで時間帯、日にちを選択できる方法で予約を入れます。

  • Page Jaune
  • Doctribe

まだまだアプリを使わない医者もいるのでうまくお医者さんが見つけられないときもありますが、大体これで一般医は見つかります。

勿論、キャンセルも無料なので、もう大丈夫って思ったときは前日又は当日キャンセルします。当日ギリギリキャンセルは避けた方がいいですが、元々医者が少ない地域にいるので、すぐアポは埋めれるのでお医者さんから文句を言われることもありません。(※アプリによっては費用が発生することもあるかもしれませんが、そこは自己責任でお願いします。)

6.リモート往診(NEW!)

これは最近増えてきた、ビデオカメラでリモートで医者に合ってみてもらう診察方法です。これをすれば動く必要もないですし、勿論診察後処方箋とかもちゃんともらえるようです。

ただ実際利用しようとしたところ、「喘息」のような症状がある場合がある場合は往診できない等、実際に会わないと正しい判断ができない症状等にはまだ使えません。

ですので、まだちゃんとこのアプリを使ったことがありませんが、その機会があった場合は、その時に記事を書こうと思います。

時代の流れでこれがどんどん普及してくると思います。何でもリモートの時代です。

まとめ

以上、フランスではポイント5を常に実践しながら、実際に病気になった時は1~4で自分は対応しています。医者不足で少し診察にありつけるまで遠回りしないといけないフランスではいかに5を活用するかがポイントです。

ただ、みんな5を実践し出すとそれはそれで困りますけどね(汗) みんな病気じゃないのに予約するから、かなり遠くまで予約できない、その代わり直前にキャンセルが多発する。どっちがいんでしょう。

また、各ポイントでも繰り返し言っていますが、総合病院の急患は本当に必要なとき以外はできるだけ利用しない方がいいと思います。無料ですが、本当に待たされるときがあります。

フランスでは結構気軽にSAMUに電話します。どうしたらいいか、誰に電話したらいいかわからない時とかも的確にアドバイスしてくれますので、どうしたらいいかわからない時はSAMUに連絡しましょう!

以上、診察手続きに関してのフランスでの対応術ですが、いろいろ右往左往しながら何とかうまくやっております。皆さんはどうされてますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。