挨拶

「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」よく使う日常の挨拶に見る日本人とフランス人の大きな違い!本当はどっちの方がちゃんと挨拶するの?

フランスで生活してると、何だかんだ日本人の「世界で最も礼儀正しい、他人をリスペクト」するという強烈なイメージを持っているフランス人によく会います。お辞儀を何回もするそんな日本人をイメージをどこかで植えつけられたせいでしょうか。たまに日本人の礼儀正しさを説明する為に、自分の前で礼を何回もしてマネして説明してくれます(笑) 

ただ、ただ、実際のところ日頃生活する中では日常の挨拶に関してはフランス人の方がよっぽど律儀に誰に対しても挨拶をよくするなーと日々思い知らされます。

そんな中で日本人とフランス人の具体的な日常の挨拶について分析、解説してみました!

知ってる人にはちゃんと挨拶をする日本人!(集中攻撃型)

コンビニに入ったりする時はろくに店員さんに挨拶もしない日本人。逆に店員さんはすごい大きな声で「いらっしゃいませ~」。「いらっしゃいませ」を挨拶と取るかどうかは別として、基本日本では「客」になった瞬間、ちょっとお辞儀をするだけで声をちゃんと掛けて挨拶をしない。バスを降りる際の「ありがとう」もゼロかほぼ聞こえない。軽いお辞儀が「こんにちは」「ありがとう」「失礼します」を表すとしても、それにしても声をちゃんと発して挨拶しないのは一部そういう文化としても、フランスの日常を目の当たりにしてる自分としては何かしら寂しいものにしか見えません。知ってる人に会わない限り、街に一日出てもあまり挨拶をしなくても通る国、それが日本。日本人の海外でもイメージでもある「恥ずかしがり屋」の性格から挨拶もできない、面倒臭いと見られてもおかしくないのかなぁと思います。

逆に、顔見知りの人に会った場合は、本当に真逆。挨拶も相手の立場や状況に応じて、お辞儀の角度を調節しながら、「以前は大変お世話になりました」や「ありがとうございました」を同じ人に何回も言ったり、すごく丁寧です。

日本には「お客は神様」という特別な扱い、人間関係がある故に、「お客」になった時はこのような挨拶さえ免除されると考えた方がいいのかもしれません。

決まったシチュエーションでは誰に対しても挨拶するフランス人!(狙って乱射型)

フランス人同士は、同じ「場」に入ったらお互い顔見知りでなくてもすぐに挨拶します。

「Bonjour(こんにちは)」「Merci(ありがとう)」「Au revoir(さようなら)」は一度外に出ればすごくよく使います。例えばお店に入れば、この3つは3セットでお店を出るまでに必ず言います。バスに乗った時もそうです。特に相手に聞こえるように目で見て声に出して言うことをよしとしています。もし、挨拶しなかったり、挨拶されても応答しなかったりするとかなり不快に思います。

自分はよくハイキングに行きますが、大体沢山の登山ルートがあるわけでもなく数少ないルートを大勢の人が行き来します。挨拶しない人もいますが、ほぼ95パーセントは「Bonjour」と声を掛けてくれます。登山となるとかなりの人がいるので、登山の日は50~100回くらい「Bonjour」と言わざるを得なくなり、たまに面倒になってきますが、一応頑張っていうようにはしてます。やっぱり横をしら~と何も言わずに通り過ぎられるより、大きな声でBonjour!と言われればすごく気持ちもよくなりますからね!頑張っていうようにしています。これも同じ仲間=場に入ったものと認識して挨拶をするんだと思います。

また若い時妻の実家に長期居候させてもらった時も、朝起きて1階におりても「ボー」っと家族と目を合わして頭でちょっと礼のような合図をしたようなしなかったような感じですごしていたら後で妻経由で「何でちゃんと挨拶をしないんだ」と不快に思われていることを知って、慌てて、次の日の朝からはちゃんと目を見て大きな声で「Bonjour」と言うようにしたことを覚えています。苦い経験ですが、これも少し文化の違いかなーとも思えます。「場の空気を読む」、「言わなくてもわかる」、それを徳とする日本人とは大きく違うので、やはりちゃんと声に出して伝えて、相手に伝わらないと、理解してくれないのがフランス人です。これも欧米の一般的なイメージですね。

また、「同じ場にいる」と認識するのにも微妙なシチュエーションで言うか迷う時も勿論あります。以下まとめて見ました。全て顔見知りでない人に対してです。

  • 必ず挨拶する時 : お店の店員さん、バス等の公共機関の運転手、同じ棟のアパートの人、など
  • 迷う時 : 同じレジデンス(複数のアパートが建った地区)の人、すれ違った市長さん、など
  • 挨拶をしない時 : 単なる道端でのすれ違い

同じ場に入ってもたまに挨拶は無視さることもありますが、フランスでは思い切って大きな声で挨拶してみましょう!

迷ったら大きな声で挨拶しましょう!中途半端な声はまったくダメです。しない方がましです。たまに思いっきり無視されてムカッときますが、それも我慢。完全に全てが麻痺した年配の人か、ちゃらちゃらした若者からはたまに無視されることがあります。大きな声で言うと気持ちもいいもので、自分の景気付けと思って思い切ってしましょう!

ちなみにフランスでは子供と大人が会った場合、子供のほうから挨拶をするのが礼儀のようです。文化の違いは面白いですね。引き続き、文化の違いをレポートしようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です