diary

来月末で退職せざるを得なくなりました(涙)

美しい山と湖に恵まれたアルプス山脈のお膝元オット・サヴォア県に来て、早4年。

今自分が大好きな登山やこれからやってみたいと思っていたキャンプとかもほんとこっちに来てからできた新しい素敵な趣味。

会社の勤務環境も待遇も同僚も最高だった職場から1か月後に退社しなければいけなくなりました

理由はフランス人妻の実家のあるブルターニュへの移住希望です。

4年前にこの地方にパリ北西のシャンティーからこちらに引っ越してきましたが、こっちに移住してきて1年後?つまり3年前には嫁からこの話が出始めました。当初はパリにうんざりして地方での就職を二人とも希望していたので就職が決まった時は二人とも万々歳でした♪

ブルターニュへの移住の話が出た当初は「止めてよ~冗談でしょ!?」、て感じに真に受けませんでした(勿論、本心は受けたくありませんでした)が、年々要求が強くなってきて、最終的にはあっちの「もう住めない…」って言葉に、再度選択を迫りに迫られ、しぶしぶ了承して仕事辞める決意をした次第です。

去年の夏から選択を迫られてて、半年近くかなり病んでました。

来て一年後に言うくらいなら、最初から言えって話ですが、当初は仕事見つけに難い自分が仕事を見つけた場所にパリから出てればよかったから、でもブルターニュも当初探したけど、全然日本企業も少ないし、面接にすら行けんかった。なんで、サヴォアは別に敢えて自分が選んだ場所だったわけではないけれど、留学中に大好きになったシャンベリーのあるサヴォアに住むのは夢やったから、偶然夢が叶った感じだった。

嫁はどちらかというと家族さえいればいい(あっちの生まれ育った家族も含めて)という考えの人で、家族のいないこのオット・サヴォアには慣れなかったみたい。でも、友達作りも努力しようとしないし、ほんとこの人には友達はいらんのやなって実感した。俺には友達のおらん人生ってあり得んけど、個人の自由やから俺の考えに文句を言わん限り許すとする。

確かに家族がいないと子供がいると二人で何もできないし、どちらかの親がいるだけでも結構生活が気持ち的にも楽になる。加えて友達にも恵まれなかった人生を送ってきた人だから、家族が友達代わり。だからこそ、一緒に生まれ育った家族も友達もいないここは苦痛だったのかも。

それでもわかるけど、「外国人で仕事探すの難しいの知ってるくせによく仕事辞めろってよく言えるな!」って感じなんですが、根拠もなしに「あなたなら絶対にブルターニュでも見つかる」と連呼する。

どちらにしても、家族より優先して離婚してここに残るわけもいかないし、逆にそうすることでチャレンジしないで逃げてるような気持ちにもなるので、無理やり自分でポジティブに考えたりしてます。それでも、最終的には、

「どうなっても知らん」とちょっと自暴自棄になってます。

男にとって、特に日本の男にとって仕事が一番大事だし(勿論、「家族」は比較対象外として)、キャリアアップにもすごくいい会社とポジションにいれてるのに、今まで妻は夫の仕事の成功を第一に考えて常に応援して付いて来てくれるものかと思ってたから本当にショック。ましてや、外国の地。外国の地にいるんやから、せめて文句言わずに付いて来て!って感じやけど、わかってくれない。

昔の考え方でもうこんな考え方の人いなのかもしれないけど、「夫をちゃんと陰で支えて応援できない妻ってどうなの?」って思ってしまう。超傲慢だけど今の女性にはそんな価値観、そもそもフランス人女性にはないんだろう。好き勝手する女性についてくる男もありで、そんな女性を別に卑下することもフランスではないんだろう。

未だに1か月後に引っ越すなんてまったく実感わかんけど、抜け殻になりつつも毎週末荷造りしてます。

というのも、嫁は先にブルターニュで仕事見つけて子供といて、更にコロナのせいでこっちに荷造り手伝いに来てくれないし、というか来れなさそうだし、少しずつ一人で進めてます。

はぁ~あ、正にフランス語で言う、「C’est la vie.(これぞ人生。)」ということなんでしょうか。

無職になって仕事があるの?っていうブルターニュにで新たに仕事をゼロから探さないといけない状況になることのに対する不安でいっぱいです。フランス企業も視野に入れて仕事探す予定ですが、見つかるんでしょうか?

同じ条件なら、皆さんならどうしますか?御意見頂けると嬉しいです。

「来月末で退職せざるを得なくなりました(涙)」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です