コロナ禍の就職活動日記

フランス長期失業中で250回応募してようやく仕事決まりました!

ルールーです。

退職届を出して数ヶ月後、コロナ爆発で仕事が1年半も決まっていませんでしたが、ようやくここなら行ってもいいかなーってとこが見つかりました!

と言ってもとりあえずはCDDの5ヶ月です。CDDとはContrat Durée Déterminéでいわゆる5ヶ月の契約社員です。

家からすぐ近くだし、フランスの大企業何ので履歴書にこれが書けるだけでもプラスになるはずなんでここに決定しました!

ここまでの経緯

フランスとスイスの国境アルプスの地域に住んでいましたが、ブルターニュに移住するために退職。ただ運よく交渉して、失業保険がもらえる形で前職を退職させてもらいました。ただ、

仕事探し初めて1年半。最初の仕事にありつくまでの道のりはめっちゃ長かった。

例えるなら、ずっと暗いトンネルの中を歩いてて、いつか向こうに光が見えてくるのか、なんて思いながら息をこらしてずっと歩いてきた感じ。

失業手当2年MAXっていう(日本の状況と比べればめちゃくちゃそれでもありがたいんだろうけど)期限付きだったので、それもすごく焦らせた。ギリギリセーフっていうほどでもないんだろうけど、1年半で見つけられたのは本当によかった!

最初の半年は、コロナが一番ひどい時期だったので、インターネットで探してもほとんど募集のアップデートがない状態…

「これ、ほんとやばくない?2年待ってもこんなんやったらどうしよう…」

そんなことを思いながらの2020年末。

予約2021年の春くらいから少しずつ募集が増えてきて、履歴書送りまくって、なんとか今年の8月に決まりました!

1年半バカンスできたからよかったじゃん、っていう人もいるけど、コロナ禍にずっと焦りながら仕事探してたわけだから、全然バカンスじゃなかったわ。最初から今年の8月に決まるってことがわかっていれば、1年半思いっきり楽しむことはできたけど、いつ決まるかわからない状態でいたわけだからね。なんで、

「失業期間は全く楽しんではいません!」

です。

勿論、時間は無駄にしたくなかったから、暇な時間は作らなかったけどね。

リモートで学校で勉強したり、DIYしたり、今までしたくてもできなかったことを思いっきりしたけど、楽しむっていうよりは、取り敢えず時間を無駄にせずに使った!っていうの表現が正しいかな。ロボットが作業するみたいに感情入れずに淡々と。

そんな1年半だったので、本当に長かったです。

このまま仕事が見つからなかったらどうしよう、っていう不安にいつもかられていて、自分が外人だから見つからないのか、履歴書の書き方が悪いのか、とか結構考えましたね。

めっちゃ鬱になった時期も何度もありました。そのせいで離婚の危機も何度もありましたね。本当に大変でした。

毎日朝は新しい募集がないかネット検索、メールに届く新着募集要項に目を通して、履歴書を送りまくる

あーでもないこうでもないって考えながら、履歴書は頻繁に更新。個人的にはこれ以上良くかけないとって思えるくらいよく詰まった履歴書になった。履歴書って一度書いたらあんまり改善できそうになかったりするけど、意外と忘れてたあの経験使える!とか、途中で書き足せることあったりするんだよねー

面接は、ほんとポイントは数をたくさん受けること、かな。最後の方になると全然緊張せずに慣れてできるようになる。

ただ、面接の回数を増やすと慣れて緊張せずに流暢に話ができるようにはなるけど、ちゃんと面接官の質問に回答できるか、ちゃんとアピールできるからは別問題です。なんでそこは色々事前に作戦を練ってないとダメですよね。

履歴書の書き方、面接のポイントについては別の記事で書こうと思います。

最後に

1年半前は、100回くらい応募すれば受かるかなーとか考えてたけど、全然でした笑

250回中一応一つOKもらった会社はあったんですが、給料が少なかったので蹴りました。

なんで、それでも結構自分は苦労した方なんじゃないかと思います笑

皆さんも、自分みたいに苦労することはあまりないと思いますが、こんなに苦労してる人もいるんだと思って、就職活動頑張って見て下さい!

仕事は2週間後なんで、1年半ぶりの本当に芯からゆっくりできるバカンスは2年振りです!仕事始めまだゆっくりのんびりしようと思います!

はぁ、本当に疲れた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!何かしら同じ状況の方の励みになれば嬉しいです!

それでは、また!ルールーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です