会社での人の動き

日本とフランスの一般民間の会社の採用基準、採用方法の大きな違い!!!

語学留学、大学進学は、資金があって、勉強好きであればそんなに難しいものではありませんが(勿論、難しい大学、学部に入る場合は別として)、就職は全く別物です。

よっぽどお金持ちでない限り、仕事は絶対しないといけませんし、就職がなかなかできないと一人でちゃんと生きていけるのか心配になりますし、就職できるできないが大きく人生を左右します。結構、就職できるかできないかは、シビアな問題になります。

フランスで就職してまずは簡単に日本とフランスの企業の採用条件、スタンスの違いについてまとめてみました。是非、参考にしてみて下さい。

まず、フランスと日本では会社の採用に対してのスタンスが全然違います。

日本はジェネラリスト教育、フランスはスペシャリスト教育

以前と比べると大分よくなりましたが、基本は学校を卒業したばかりの人を一気に大量に採用する新卒採用を採用しています。新卒採用なので、およそ企業が採用する時期が事前にわかっていて就職活動するタイミングがわかりやすいです。

ですので、どちらかというと、一度若い時に入った会社を辞めて他の会社に移動というのはフランス程多くありません。採用する際も、会社にすぐに即戦力になるような知識は採用時には全く求めず、会社が育てて伸びそうなちゃんとした人、やる気のある人で、全般的な頭の良さを認めてもらえれば、少し専門からずれた採用枠でも就職することができます。

日本には「会社が職員を育てる」というスタンスがあり、一度会社に入ると、営業行ったり、技術に行ったり、総務に行ったりといろんな異なった職種を会社内で経験しながら階級を上げて行きます。らせん状にぐるぐると登っていく感じです

「上に立つ人は、幅広くいろんな知識がないとダメ」という認識が古くからあるからかもしれません。なので、異なった分野の経験をいろいろした人でも、ある程度の年代までなら職務経験全般を評価してもらい再就職ができます。

ただフランスでは逆で、こちらで採用を掛けている職務に対して「即戦力としてできるだけ早く効率的に使えるか」を見ます。

また、採用のタイミングも、採用の必要な時なので、日本みたいに大きくタイミングをはかることができないので、常に情報をチェックする必要があります。

「会社で始めから育てる」というスタンスはありません。また、新卒採用という制度もないので、最初ちゃんとした自分の勉強してきた分野に当てはまる、まともな仕事に就くことが少し大変です。

探しても、大抵「2年以上経験ある人」とか、「~系の過程で学士、修士」を終了した人とか、採用条件がハッキリしています。ですので、どれも経験を求めてくるので、「じゃぁ、最初の経験を積むにはどうしたらいいんだぁ~!」というジレンマにぶつかります。

ただ、そこは何とかコネだったり、嘘をつかない程度にCV(履歴書)の中で数少ないバイトだったり、学校を修了する直前によく行うスタージュ(インターン研修)の内容をうまく盛って表現することで、あたかもその募集している条件にぴったりの経験があるように見せてアピールします。多くは学校修了時のスタージュの経験が、採用の際に求めている最低経験年数に届くように、学生の時も実は選ぶスタージュ研修先は注意していないとダメなんです。

およそ1~2年位の職務経験が学生を卒業する際にあれば、十分でしょう。だからこそ、日本みたいに大学生の時に遊んでばかりもいられないのです。学校も会社、社会が求める採用基準に合わせて学校の教育過程にいろいろと盛り込んで対応しているので、学校卒業時に職務経験0にはならないように大体なっています。地位が上になればなるほど、専門分野の必要経験年数や学校で修了した過程のレベルが上がっていくので、できるだけ職歴、修学歴が全体として特定の分野で筋が通っていなければ、再就職が難しくなってしまいます。

たとえば、フランスでは履歴書でも学歴から全ての職務履歴においてできるだけ筋が通るのように記載すべきでない表記を省いたり、少ない経験を膨らませて、あたかもその分野において専門家で、ずっとそれを貫いてきた感を出す必要があります。

履歴書は、一つあってそれをバラまいても駄目です。沢山応募する中から、微妙に異なる応募する職種に合わせて自分が経験した内容の一部をより前に出したり、削ったりして微調整したものを提出します。応募条件にピッタリに合わせます。(※別の記事で具体的な履歴書の書き方をまとめたいと思います。)

在仏の日系企業の場合

フランスにある日系の会社だったり、日本にある仏系の会社は上記の特徴が混じっている時があります。日本にある仏系の会社の経験はないので、何とも言えませんが、フランスにある日系の会社は会社の代表や人事担当の人によっても異なってくると思います。

大抵、日系の会社は日本人が日本人の採用をやっているケースがおおいので、日本にある会社のような傾向もあります。企業によって求めるものは異なりますが、どっちかというと「やる気」「忍耐力」「頭の良さ」とかで、専門的な知識、経験は二の次です。

更に人材の数もある程度日本に比べると少ないので、運がよければ、倍率も低く簡単にささっと決まることもあります。ただ、採用するタイミングにうまく応募する必要があります。

自分が最初に正式に社員として採用されたところも日系のフォーワーダーでしたので、仏人採用担当とフランス語を見る為に?面接と後は日本人の上司二人と面接をしました。

事実、頑張ってフランスの学校を卒業しましたが、全然そんなものは日本人には考慮されてないと思うし、やる気と今までの職務一般の経験(内容は結構バラバラ)で輸送の知識もないのに20代後半でささっと採用してもらえました(笑)

それでも、最初に採用のお知らせをもらえたときは嬉しかったですけどね!やっと外国で自立できた!って。

最後に、

以上のことから、日本とフランスでは大きく異なることを忘れないで下さい。

勿論、日本の会社で見受けられる傾向がフランスに全くないともいいませんし、その逆もそうです。ただ、一つ言えることはおよそこのような真逆のスタンスを各国で持っているということです。

このことを事前に知っているだけでも、就活しやすくなると思います。

就職活動をされてる皆さん、自分も何個何個も面接を受けて漸く決まりました。最初は100つ面接を受ければ必ず1つは当たりますので最後まで気長に諦めずに頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です