相手家族との相性の重要性(お金編)

Salut!ルールーです。

今回はちょっと真面目な話題。最終的には思い出し怒りしながら執筆終了(笑)

現在フランスで結婚して子供持っていますが、改めて付き合っている相方との相性だけじゃ、長い目で見てちょっとしんどくなる時もあるんだなーってつくづく思いました。

今回話したいのは、

 相手家族との相性

です。

正直、フランス人彼女の家族もみんな親切で面白い人達ばかりなんですが、何か合わないなぁって思うことがしばしあります

勿論、人それぞれみんな違うので、完全にマッチする完璧な相方とその家族に出会う可能性は少ないとは思いますが、結婚して大きく価値観の違う相手家族と一緒になると、それだけで離婚原因にもなりかねないので、重要かなと思いました。

急にまとめてみたくなったので、以下の通りまとめてみました。

相手家族との関係の重要性

相方とお相性は、悪ければ別れればいいな話で、どちらかとシンプルです。

なぜ、相手家族との関係を考えることが意外に重要、かと言うと、

  1. 相方の関係性を重要視するあまり、最初の付き合いの頃は、あんまり考えない
  2. 付き合っている頃は、そんなに会う機会がないから、判断できる情報があまりない
  3. 家族との相性を理由に、相方と別れることは考えないことが多く、仕方なく付き合っていかざるを得ないことが多くて、それ故超長期に耐えるのがしんどい

最初の頃好きな人いる時は、好きな人の事ばかりを考えますよね。それが一番重要なので。

性格が合うだろうか、趣味が合うだろうかで、時々喧嘩なんかしたりして、少しずつ結束を強くしていくものかと思います。

それ故、相手家族と気が合うだろうか、価値観合うだろうか、とかは当時はそんなに考えないと思います。それにただ単に付き合ってる頃は、彼らと会う機会も少ないですしね。

最初付き合っている頃は、ちょっと招待客のような感じで招かれるので、家族も本当の姿をあらわにしてないこともあります。

ただ、恋人から結婚となると、家族にもよりますが、相手家族との関係が密になってきて、相手家族との相性がすごく重要になってきます。

また、それから超長期的な関係を持つことになるので、相性が悪いと結構しんどくなりいますし、それ故に飛び火して相方との喧嘩にも発展します

そう、最悪家族が原因で離婚するというケースも聞いたことがあります。

結婚、又はオフィシャルに一緒になるということは、相手家族とも一緒になるという意味で、後で後悔しないためにも事前に少し考えておくことだと思います。極端に相入れない家族だったら彼女彼氏と別れるのは辛いですが、しんどくなる前に別れた方がいいかもしれません。

結婚した後じゃないと普通は見えないことも、事前にちょっと意識して観察するだけでも見えてくるし、本当に相性が悪い家族だった場合、事前に最悪のケース避けることができます。そんなにひどい家族ではなくても、事前に見えてれば、心の準備も少なくともできますよね。

まぁ、実際のところは、付き合ってる相方の性格とか考え方って、その人の出てきた家族の考え方とかを少なからず受け継いでいるものだし、極端に違う感じの家族が後になって化けの皮を剥がすこともないのかもしれません。

以下、お金に関する考え方の重要性について経験から説明したいと思います。

あなたと相方の家族との関係に留まらず、あなたの家族と相方の家族との相性にもなるので、重要です。

お金に関する考え方(経済的な環境 & お金の使い方)

一番重要で、実際一番判断しやすいポイントがお金にかする考え方だと思います。

判断しやすい理由は、まずは相方のお金に関する考え方、身につけている物、相方の両親の職業、住んでいる家から簡単に想像できますよね。

若い頃は、

愛は国境を越える!貧富の差は関係ない!

って思ってて、それに対してそんなことはない!っていう熟年、親の声を、うざがって下に見下していましたが、

ごめんなさい。

今なら、少しわかります。

なぜかって?

自分の家庭はどちらかというと、お金にはあまり困らない家庭環境で、勉強が一番大事、いい大学に行って、将来いい仕事に就くことがいつもうちの親の心配事でした。結果的には、期待にあまり答えられずにフランスのらくらしちゃってます。更に、うちは節約派でした。

逆に彼女の家族は真逆。勉強は好きな人がすればいいし、特にキャリアアップもお金は重要ではない。必要最低限あれば満足な感じ。家族が幸せでいることが一番というタイプ。貯金はせずにお金は使うタイプ。

この違いが、日仏の違いかというとそういう訳でもなさそうですが、

正に、是枝監督の映画「そして父になる」の世界で、結構お金に関しては真逆の考え方笑

soshitechichininaru

なんで、奥さんとはよくもめます笑

例えば、自分は、

  • お金が重要だと思っているので(だからと言って、家族が重要ではないとは言ってない)、お金に困らないようにもキャリアアップはすごく大事。だからこそ勉強していい職業について欲しいって子供に思う。お医者さん、エンジニアとか弁護士さんとか。そうじゃなくても、それなりお金が稼げる職業を選ぶべき。キャリアもステータス。他の人からの見る目も違ってくる。
  • お金はあればある程、好きなことできる可能性が増えるから、できるだけお金が増えるように色な努力する。バカンスも行きたいし、残高気にしなくてお金使いたい。
  • 節約できるところはできるだけ節約して、万一の時のためにお金はできるだけ貯めておきたい。(例えば、暖房は最低限で、あとは服をいっぱいきてカバーとか)
  • お金の管理は得意だし好き。収入と支出をちゃんとチェック。全て収入に合わせて支出をコントロールすべき。例外はあるべきじゃない。

逆に彼女は、

  • お金に困らない程度に好きな仕事について欲しい。キャリアは興味なし。ステータスも仕事にはついてこない。
  • 普通に生活できるお金があればいい。
  • お金貯めて死ぬくらいなら、普通に使って快適に暮らしたい。
  • お金の管理は苦手。管理しないので気付いたらお金使い過ぎてるケースも。収入に見合わない支出もお金を前借りたりしてカバー。

この考え方の差が、僕と相方お家族の間にも見えるので、「そんな馬鹿な!」って言いたくなるようなお金の杜撰な管理に時々イライラさせられます。


事実、自分の彼女がビジネススクールに行くお金を銀行から借りて学校に行ってたんですが、親のお金の資金繰り(お金の管理してないから当たり前?)が悪くなって、銀行から借りたお金を一部親に貸すはめになっていたのも覚えています。自分の彼女から飲みならず、その兄貴からも借りてたようです。悲惨。

それでいて彼女はお金がないから、学生時代は食費に困ってましたね。親が子供にお金借りるって。それも、まだ大人にちゃんとなっていない子供から。だから、当時、自分のお金を彼女に貸してました。つまりは、間接的に自分が相手の親にお金貸してたことと同じ。あり得ない。

クリスマスの時ともかも、自分の子供が可愛いからってすんごいお金使ってプレゼント買ってくれるすごい優しい義理の両親なんですが、それでいて月末、金なくなって5万円かした覚えがあります。

日本じゃあり得ないですよね。嫁の家族の親が嫁や俺にお金がなくなったから貸して欲しいなんて、大人なのに「恥」としか言いようがない。

後でちゃんと返してくれた?のでよかったですが、ほんとありがた迷惑ですね。

まだ、ブランド物に浪費とかしてる訳ではないのが救いだけど、家族の為なら(クリスマスとか誕生日とか特に)、お金の残高構わず使っている感じ。足りなくなったら借りればいい。銀行なら自己責任で勝手にしてくれって感じだけど、他の家族とか巻き込みながらは、ねぇ。。

これが本当に腹立つ。ほんと馬鹿なんじゃないかなと思う。

自分もお金に関しては、シビアなので、本当にお金の管理ができない人は大嫌いで、イライラしてしまう。

それでいて、「家族が幸せであれば、お金は重要じゃない」なんてほざくから、いい加減にして欲しい。

額はともあれ、またお金貸してくれなんて、ふざけたことを言って来ないかが心配だ。

こういう風に強くいうと、「あなたは裕福な家庭に生まれたからだ」とか言われますが、別にお金がなくなったら、クリスマスは無くせばいいし、食べ物も別にこだわらないから1日2回にすればいいと思ってる。

こういう点は、情に負かされることはないからはっきり言える。家族はお金より大事だが、削れるところは家族の小さな喜びを削ってでも節約すべきと考えているのが俺。


時々聞いたのが、支出管理ができてないだけでなく、無駄遣いが多いこと。

一般的にも言われているが、収入が少ない人の方が、安い粗悪なものを大量に買って、更に大食い、健康管理ができない人が多く(結果医療費が増える)、大量に買い過ぎているから、腐らかせて捨てる量も多い。

矛盾しているが、収入が少ない人の方が、節約が甘い。

ここまで酷くはないが、余計なお世話かもしれないが、お金ないと言っている割にはちゃんと節約できているのか、疑問に思う。

最後に、

そな訳で、やっぱりどのくらいお金を持っている家族なのか、どういうお金に対する考え方を持っているかはすごい重要だと思う

同じような考え方を持っている家族なら、同族同類でなんと思わないだろうし、逆にうちらのように全く違う考え方、状況だとどんなにその家族がいい人でも、お金の問題はシビアに人間関係を悪化させる。

基本、自分は、「自分の邪魔をしないのであれば他人は好きなことをしてもいい」と思っている。だから、お金の使い好きにしてくれればと思うけど、間接的にも同じ家族に入った以上、そうも言ってられない。

だからこそ、今なら自分の親が行っていることがすごくわかるような気がする。

同じような社会的階層で、お金に対する考え方を持っている人と一緒にならないと大変よ。

って。

だからこそ、ハリウッドスターはハリウッドスターと結婚するのはよく分かるし、同様に社会的階級が同じ人と結婚した方が楽で、それを子供に強いる親の気持ちも今なら少し分かる気がします。

以上、お金に関する考え方の相性の重要性をだらだらっと書きましたが、興味あった方はコメントしてくれると嬉しいです。

引き続き、次回は相手家族との相性に関して、「家族に対する考え方の違い」を中心に書こうと思うのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です