握手?それともビズ?沢山の経験から学んだ迷った時に考えるポイント!

握手は簡単ですが、女性がからむとほっぺとほっぺを触れ合わせるビスというものをします。最初はすごく抵抗があったりどうしたらいいか迷ったりしますが、フランスでの長い経験をもとにおよそどういったシチュエーションでするのかをまとめてみました!是非参考にしてみて下さい!

基本、会う人の人数、性別、置くべき距離感から決まってきます。特にわかりやすい性別でケースバイケースで説明します。

一番、簡単男同士の場合

男同士の場合は基本握手一本なので握手にするかビズにするか迷うことはほぼないと思います。親しい間柄の場合は、気持ちが入って少しばかりか強い握手になることが多いです。ただ、ビズもないこともないのでビズをする場合を挙げると、

  • 家族間の場合、または家族と同様の扱いを受ける立場になった場合。例えば、結婚し他後に相手の家族の義父さんとの挨拶の場合。
  • 本当に気を許した友人の場合で特に男同士のビズが気にならない間柄。

正直、最初は男同士のビズは鳥肌が立ちました(笑)。特に相手の髭がほっぺでちくっとなる時とか。今はもう慣れてしまいましたが、女性が男性にビズをされるときもちっくとするんだろうなと思いました。女性は肌荒れを気にしてられないですねぇ~。

一番難しい!?男性と女性の場合

握手かビズかで外国人がよく迷うパターンです。基本、お互い距離感を保ってなくてもいい間柄の場合は、「握手」から次第に「ビズ」に時間と共に発展していきます。およそ下記のような基準があると言えます

会社の同僚の場合 :

会社の社風にもよりますが、およそ最初は必ず握手から始まります。それもやはり仕事というドライなものでつながれた人達で、ちゃんと今後も一緒に働ける能力があるかも見極めるシビアな状況から始まるから、当然でしょう。社風、周りがどうしているかにもよりますが、時間が達ち信頼関係が気付かれた後は、ビズになる傾向が多いです。それでもビズをしない人もよくいます。それはその人その人が「同僚」とちゃんと割り切った関係を持ちたいかにもよります。上司部下の場合もその距離が離れれば離れる程握手止まりになります。以前までビズをしていたのに、出世したからビズをみんなとして近すぎる関係を維持すべきではないとして握手に行こうする上司もいました。会社の大きさにもよりますが、特に社長、部長クラスになる握手が多いです。

若者同士の場合 :

基本、即ビズが多いです。「握手」が少々ビジネス、大人的なイメージがあるのであまりしません。実際に大学等でも同じクラスになって初めて会う女の子に対してもBonjourがてらにビズをします。それでも握手をすると、少々大人、ブルジョアを気取った子供の印象になってしまいます。

それ以外の一般的なケース :

家族間では勿論ビズですが、そうでない場合は、大抵握手からビズになっていきます。ビズになるかは親しい間柄かどうかよりもどのくらいの距離を置きたいかによります。隣人に関しても、仲良くなったけれども、敷居を跨いできてほしくない最低の距離を保ちたい隣人であれば、握手をし続けます。なので、逆にそういう人達と一度でもビズをしてしまうと相手も時々一緒にご飯を食べるような関係になってもいいのかと思ってしまいますので、あまり隣人に週末邪魔されたくない場合はビズはしない方がおススメです。

知り合いの知人の場合、知り合いのどういう知人かによって大きく変わってきます。親しい人の親しい知人なら初対面でもビズ(例、義理の弟の友人等)、親しい知人の単なる知人であれば握手(義理の弟の上司等)となります。いきなり会って選択肢を迫られるケースがほとんどなので、①先に挨拶している人がどういう挨拶をしているか見るか、②相手の動きを待つ、③それでも迷ったら握手、でいいと思います。ただの知人の知人の場合は迷わず握手で構いません。

女性と女性の場合

男性と女性の場合に準じますが、握手からビズへの以降は男性と女性の場合より比較的簡単に移行するように見えます。

まとめ

どちらにしても迷ったら握手をしましょう。迷って何もしないより全然ましです。詳細はビズの項目で説明しますが、特にビズになれていない男性は、女性とのビズは急に親近感を持てる嬉しい挨拶でもあります。ただ、ビズから握手に戻すと、相手は「えっ?なんで?」、と関係がしらけてしまいますので、ちゃんと考えて本当にビズをしていい相手か見極めた方がいいと思います!自分も一度よかれと思って隣人とビズに踏み切ったのですが、急に打ち解けて相手もすごくSympa「気さく」になってくれて嬉しかったのですが、その後定期的に食事に来ないかとお誘いを受けることになりましが。時々ならいいのですが、あまり頻繁になると家でゆっくりしたくてもできなかったりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です