フランス人の女友達との付き合いで男の視点から見てビックリしたこと!!

Square

自分男なんで、男の視点から書きます(笑)

フランス人の友達付き合いに関して、日本男児の観点から見て、びっくりしたこと、いいなーって思ったことを書きますね。まずは、

1.女友達とのビズ

フランスに留学した当初、思いっきりピュアな日本男児として来仏した時は、フランスで友達になった女の子とするビズ(ほっぺを触れ合わせる挨拶)は、本当に衝撃的でした。

んでもって自分は思春期の頃から外国人の女性の美にすごく惹かれてて憧れがあったので尚更でしたね。

大人びた整った彫りの深い顔、モデルさんみたいな体形(全員がそうではないですが、そういう友達もいました)、美しい色の瞳 (緑、青、焦げ茶!) や人それぞれ違う個性のある髪の毛の色、髪のクセとか、堂々として、尚且つ気取らない振る舞いとか、何をとってもカッコよく映ってました。

自分は基本地方で過ごした経験が長いのですが、やはり地方の田舎の子たちと、地方の都会の子、パリの近郊の子は全然違いますね。中でもパリの近郊は結構マセた若者が多くて、みんなモデルさんのようでした。

その若いフランス人の女の子とフランスで友達になるんですが、友達になった瞬間、すぐにお互いビズをするようになるので、なんか「知らなかった人」から「友達」を一気に超えて、「親友」になった感じになります。いきなり「達(ダチ)!」みたいななんか感覚になります。

なんで、ビズがなんかキスの一つ手間の行為(怪しい意味じゃなくて)にも思え、一気に関係が縮まる感じがすごくいいと思っています。

肌と肌が触れ合うスキンシップなので、日本じゃ本当に仲いい友達同士でしかしないようなことをいきなりするようになるので(仲良くてもしない人がほとんど?)、その為なんじゃないかと思います。

ビズをする時も相手の香水のにおいとか、肌触りとかもわかるし、唇が激接近する感覚とか、最初のビズし始め、またすごく綺麗な友達とするときとかは、すごくドキっとしたりもします(笑)

男友達とは普通に握手なんで、別に特に日本と比べて一気に友達感が縮まった感は特にしませんでしたが、女友達とはその感覚がヤバいです

だからこそ、男だからどうだとか、女だからどうだとかの感覚も薄れて、1対1で接ししている感があります。実際に一気に仲良くなるスピードが速いような気がするし、細かいことは気にせず対等の付き合いができるのがすごくいい点です。

なので、異性との友達関係に関しては、日本にいる時よりもすごく仲良くなれてる感がすごいと思います。同じレベルなのかわかりませんが、日本人女性とフランス人男性との関係の場合も同じなのかもしれません。

それ以外でも基本肌のスキンシップは多い方です。肩組んだり、ハグしたり等々。これも距離感を一気に縮められる秘訣なのかなぁと思います。

ちなみに、すごく仲のいい男友達とか、自分の義理の家族の男の人ともビズをしますが、これは逆にひげとかがチクチクした感覚とか男の自分としてはあんまり好きではないですね。最初は、正直ちょっと鳥肌が立ちました!(笑)

2.自然体で気取らない

他に日本の女友達とだったあり得ない光景とも普通に出くわします。

例えば、フランス人の女友達の家に行った時も、普通に洗った下着とかを片付けずに目で見えるところに干してあったりするし、見た瞬間、「見たらいかん!」って思って目を過剰に背けてしまいますが、日本人だからでしょうか・・・(笑)

日本の女友達だったらすぐに急いで隠したりしますよね。

フランス人男性は、普通に見て別にリアクションをしないのかわかりませんが、たぶんこれが正しい振る舞いなのかも。

相手も気を遣ってこないからこそ、自分も気を遣わないで自然体でいられる。

それがすごく好きです。

もっと若かったからかもしれないですが、日本にいる時は友達でも女友達と会うときは、自然と自分の外見気にしてばかりいた自分がいました。なんかダサいと会ってくれなさそうな雰囲気というか…

でもこっちの友達といると相手も自分の外見を気にしてない気がするし、それでいて異性の友達付き合いが成り立つってことは、やっぱり中身なんかな~って改めて考えさせられます。

日本じゃあり得ないですが、フケとかボサボサで頭だったり、汗臭かったりしても、それでも会えるような感じです(笑) 実際に会うといつもちょっと汗臭い子とかいますが、でもそれが友達関係を切ってしまう要因にはフランスではならないということです。洋服も2、3日同じ服でいたり、穴空いた靴下でいる子もいるし。

単純に一緒にいて楽しいとか、気が合うとか、本来友達関係を築くのに一番重要なことにしか見ないので、他の細かいことには気を取られずに本当のいい関係が築きやすいというのが長くフランスで生活した経験から得た印象です。

3.みんな結構ボーイッシュな性格に見える

すごく女の子っぽい、ぶりっ子な子もいますが、全体見るとみんな男っぽいボーイッシュな感じに見えてしまいます。

みんなで集まった時も男女で固まって分かれることもないし、男がリーダーシップを取らないといけないとか、男がいるから態度を変えるとかもない。言いたいことは言う、したくないことは嫌だとはっきり言う。

そういう性格だからこそ、日本の女の子と比べて「フランスの女の子は気が強い」ってよく言われるんだろうけど、それはどのカルチャーの視点から見るかによって変わるだけで、別に絶対的にフランスの女の子が気が強いわけでもなく、別にそれを気が強い、って表現することするが間違っているのかもしれません。

普通にお尻がかゆければぼりぼり掻いたり、トイレに行っても話の続きを聞きたいからって、トイレを開けっ放しでトイレする子もいるし(笑) 裏表ない感じがすごく付き合ってて楽ですね!

最後に、

すべてのフランスの女の子がこんな感じというわけではないので、一概に言えませんが、

あっちも気を遣わないから、こっちも気を遣わない。んで、もって男女の垣根は無視できるから、すんごく楽。

一言でまとめると、こんな印象を持っています 。

奇策で、仲良くなると何でも許しあえる友達になれますが、勿論失礼なことするとビンタくらいますので注意して下さい!! 何かの参考になると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。