フランスのスーパーで品物がない棚

フランスのコロナウィルス(COVID-19)対策の移動制限下の状況をリポートします!外出できる5つの条件!

こらなウィルスの広がりからフランスも到頭外出制限を発動しました。先週のマクロンの演説の際はフランス人は皆TVに釘付けだったに違いありません。

TVで演説中のマクロン大統領
TVで演説中のマクロン大統領

マクロン大統領による移動制限におり基本家から外出せず自宅謹慎しなければなりません。ただ、移動証明書を自分で書いてサインしそれを携行することで、外出することができます。通勤の場合は、この移動証明書に加えて会社からの出勤証明書が必要です。

https://mobile.interieur.gouv.fr/fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Attestation-de-deplacement-derogatoire-et-justificatif-de-deplacement-professionnel

例外外出移動証明書

attestation de déplacement dérogatoire
コロナウィルス用 例外外出移動証明書

1.以下が例外的に外出できる5つの条件!

  • 自宅勤務できない場合の通勤(この場合のみ、別途会社が作る出勤証明書(JUSTIFICATIF DE DEPLACEMENT PROFESSIONNEL)も持参する必要があります。これはずっと毎日更新する必要はありません。)
  • 食料品等生活必需品(食料、薬等)の購入に必要な外出
  • 医者に行く等の健康にかかわる移動
  • 介護が必要な家族、預けた子供の送り迎え、どうしても避けられない家族を理由とした移動
  • 家の付近でのスポーツ、買っている動物の散歩等の短い外出

2.記入方法

政府のHPからダウンロードできます。

例外移動証明書(ATTESTATION DE DEPLACEMENT DEROGATOIRE)は、日付を書いてサインするので一日有効。その他、名前、誕生日、住所、サインをした場所の記載が必要です。

3.その他、細かい条件

用紙に5つの選択肢があるけど、ついでに複数のことをする場合、複数個チェックしてもいいのか?

残念ながらダメでした。通勤のついでに食料を買いに行く場合は、2つ作らなければいけません。何でポケット紙だら

行きと帰りで時間差ができる通勤は行き帰りで一枚ずつ必要?

1日有効なので行き帰り往復で有効です。ただ、長期有効な会社による出勤証明書の携行が別途必要です。

家の付近となっているがどこまで実際OKなのか?

「家の付近」の意味が明確ではないので、今後この意味の定義が明確になってくると思います。聞いた話ではおよそ500mとなっています。なので、車に乗って状況で警察にチェックされた場合、家付近の散歩、スポーツから除外されてしまいます。

出勤証明書

justificatif de déplacement professionnel
コロナウィルス用出勤証明書

これは会社が作成します。これ一枚で在宅で仕事できないから通勤させてくれということが認められます。期間には限りがありません。

これら証明書を作ることによる効果

別に自己宣言で証明+署名をわざわざさせなくてもと思うけど、これは、紙とサインの大好きなフランスだからかな?(笑) 自今宣言だから、その時その時口で説明できれば、問題ないんじゃない?って思ってたけど、用紙を印刷して、記入してサインという工程が面倒臭いからそれはそれで抑止効果にはなってるかも。

こういう面倒なことをしないといけないから、自分も買い物は小まめにせず、1週間か10日に1回でまとめてするようになりました。抑止効果は意外に有り!

なんで、朝夕の通勤も車がほとんどいないのでめちゃくちゃ楽です(笑) みんなちゃんと自宅謹慎してんだなーって監視しながら通勤してます。

1週間位買い物行ってないけど、もう1週間から2週間前に行われた買い占めの影響は終わったんかいな・・・

最後に、

今週は通勤組だったのに、来週から自分も会社に来なくていいって言われたので、来週から自分も自宅で仕事します。

1か月後に引っ越すから見納めにいろいろ行けなかった町とかに観光に行こうかなーって思ってたのに、ほんとがっかり。1か月以内にコロナが収まって、外出制限解除されますように!

でも、制限解除される見通しはなし。話では最低6週間、長くて夏頭位まで持ち越される可能性があるみたい。もう、実際は諦めた方がよさそうだ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です